出遅れ陸マイラー!新居と車とゴルフもね

陸マイラー活動を中心に家、車、ゴルフについて綴ります

クレジットカードの保有遍歴と保有したいカード

このフレーズはみなさんも聞いたことがあると思います。

私が初めて発行したクレジットカードはこの楽天カードでした。

当時は大学生でしたので限度額は10万円。よく発行してくれたなと思います(笑)

当時も今も変わらないのは、発行することで楽天ポイントがもらえる点ですね。キャンペーンなどで変動はしますが、大抵5,000ポイントはもらえると思います。大学生にとってみれば5,000ポイントは大きいですから、迷うことなく申し込みをした記憶があります。

 

そんな私のクレジットカード所有遍歴をご紹介します。

 

出遅れのクレジットカード所有遍歴

楽天カード(楽天プレミアムカードに切替)

私が初めて所有したカードです。楽天市場での買い物が多い方はポイントが貯まりやすく使い勝手が良いカードと思います。最近は以前よりも審査が厳しくなったと聞きますが、どうなんでしょうか。年会費無料ですからまずはカードを持ってみたい方などは発行してみるといいでしょう。

 

ファミマTカード(解約)

こちらも楽天カード同様、大学生の時に発行したカードです。楽天カードよりも限度額が高く20万円の設定でした。

発行した理由はTカードを持っていなかったことと、ポイントサイトでの案件をクリアする為でした。カード案件は高額なポイントがもらえますので、見事に釣られてしまいました。こちらも年会費無料です。

 

イオンカード(解約)

こちらもファミマTカード同様にポイントサイトの案件消化のために申し込みました。就職したての頃だったと思います。当時はモッピー経由で8,000P(1P→1円)でしたから、いい小遣い稼ぎとなりました。

こちらも年会費無料。年間で100万円以上利用するとゴールドカードのインビテーション(招待)が届くようです。

 

楽天プレミアムカード(解約)

こちらは年会費が10,800円(税込)かかりますが、空港ラウンジサービスを受けられる「プライオリティ・パス」が会員本人分を無料で発行可能です。他にも楽天市場での買い物の際にポイントがさらに貯まりやすくなっていたり、国内・海外旅行保険も付帯していたりと、年会費が安く思えるカードです。

楽天ポイントはANAマイルにも交換が可能ですから、持っていて損はないかもしれません。

私が発行した理由は、リッツ・カールトン東京に泊まる機会がありまして、さすがに素の楽天カードじゃ恥ずかしいなと思ったからです。本当にただそれだけです(笑)

限度額が50万円にアップしました。

 

JCB GOLD EXTAGE(JCB GOLDに切替)

この辺りから私のクレジットカードに対する考えが変わってきます。

楽天プレミアムカードを発行しリッツ・カールトン東京に宿泊したわけですが、その東京訪問時に銀座で買い物をしていたんです。高級ブランド店の店内をぶらぶらしていると、おそらく中国人?と思われる方が何やら異様に輝くクレジットカードを持っているんです。調べてみましたが、何のカードかさっぱりわかりませんでした。

「クレジットカードなんてどれもそんなに変わらんだろ」なんて考えていた私には衝撃的で、「いつかかっこいいカードを持ちたい」というきっかけとなったのです。

しかしまだ24歳でしたから、すぐに持てるわけがありません。そこでまずは20代でも持てるカードとして、このカードを選びました。

申込をして無事発行、カードが到着し私はさらに驚きました。

限度額が200万円((((;゚Д゚)))))))

何だか社会的に認められた気分になりました(笑)

私はますますカードに興味を持つのです。

 

JCB GOLD(JCB GOLD THE PREMIRにアップグレード) 

f:id:y8215a:20170817160907g:plain

JCB GOLD EXTAGEを発行して約1週間。ネットでクレジットカードを調べまくる日々が続きます。

JCBの最上級のカードは「JCB THE CLASS」といいまして、インビテーション(招待)制のカードです。いかにもすごそうなデザインですし、年1度のメンバーズセレクションのサービスも充実しているので、このカードを保有することを目標にしました。

しかしながら、招待されるにはEXTAGEではなく、JCB GOLDで利用実績を積まなければいけないことを知るのです。

幸いEXTAGEの初年度年会費が無料でしたので、迷わずにJCB GOLDを申込み、発行に至りました。

限度額300万円でした。

 

JCB GOLD THE PREMIR(保有中)

f:id:y8215a:20170817160800j:plain

JCB GOLDで年間100万円の決済を2年継続することでインビテーションが届き、手にできるカードです。

GOLDのサービスに加え「プライオリティ・パス」や「ダイニング30」、「JCBプレミアムステイプラン」などのサービスを享受できます。年会費はJCB GOLDの10,800円(税込)に加え、5,400円(税込)がかかりますが、年間100万円以上の利用を継続することで5,400円の年会費は免除されます。

私は保有2年目でして、「JCB THE CLASS」の取得に向けて決済を集中させてきました。いつか「JCB THE CLASS」のインビテーションがくることを信じています(笑)

 

ANA JCB ワイドゴールド(解約)

2年ほど前ですね。ANAカード30周年を記念して作られた発行枚数限定のカードがありまして、それに一目惚れして発行してしまいました。787型機が3Dホログラムで浮き出て来るように見えます。

f:id:y8215a:20170817084123j:plain

このカードを発行した時も、現在チャレンジ中のANAダイナースのようなマイル獲得キャンペーンがありました。キャンペーンクリアに向け、決済を集中させた時期がありましたので、その時の名残で若干ANAマイルを保有しています。

2年前はまだマイルに興味がなく、JCBのポイント(okidokiポイント)はすべてディズニーランド・シーのパークチケットに交換していました。交換したパークチケットは入園制限がかかった日でも入園できますので安心です。

キャンペーンをクリアし、翌年の年会費が発生するタイミングで解約しました。

 

三井住友VISA プライムゴールド(保有中)

f:id:y8215a:20170817161026p:plain

JCB GOLD EXTAGEと同じ頃に作りました。

三井住友VISAゴールドは原則として30歳以上でないと発行できないため、20代限定のプライムゴールドを手にすることとなりました。30歳を過ぎてカードを更新する際に自動的にゴールドカードに切り替わるそうです。さらにワンランク上の「三井住友VISAプラチナカード」もかっこいい券面ですので、いつか手にしてみたいものです。

 

アルペングループカード(解約)

ゴルフ5でアイアンセットを購入する際に店頭で申込をしました。

申込で商品券をいただき、支払時にそれを使いました。すでにJCBを保有していましたのでメインカードとしては使わずに解約となりました。

 

シティバンク銀行 ゴールド(解約・現プレスティアゴールド)

f:id:y8215a:20170817161339j:plain

シティバンク銀行がまだ元気だった頃に発行しました。発行することで、シティバンク銀行口座の口座維持手数料が無料になりました。カードの年会費も年間30万円の利用で無料になりましたので、維持費がかからずお得なカードでした。

今はSMBC信託銀行と統合され、「プレスティア」として事業が継続されています。券面も一新され、頻繁に入会キャンペーンが行われています。 

シティ プラチナ(解約・現SuMi TRUST CLUBカード)

f:id:y8215a:20170817161452j:plain

プラチナカードに憧れて、奇跡的に発行できたカードです。

趣味のひとつがゴルフですが、月に1度提携先のゴルフ場でのプレー代が格安でできる為に発行しました。しかし発行してから段階的に改悪が進み、とうとうそのサービスは消滅しました(笑)それと同時にさよならです。

券面も好きだっただけに非常に残念でした。今でも飾りとして財布の中に入っています。

 

ANAダイナースカード(保有中)

つい最近発行したカードです。すべてのサービスを使いこなすのは難しいですが、徐々にこちらでも紹介していきたいと思います。

陸マイラー活動の中心として今後大活躍してくれるでしょうし、いずれANAダイナースプレミアムカードへも成長させたいなと思っています。

 

deokure.hateblo.jp

 

保有したいクレジットカード

SPG アメックス

SPGは「スターウッド プリファード ゲスト」の略です。

シェラトンやウェスティンといったホテルブランドを展開している高級ホテルグループですが、このカードを発行することでSPGのゴールド会員にもなれるのです。

年会費が33,480円(税込)と高額ですが、2年目以降に無料宿泊特典をプレゼントされますので、十分に年会費以上のメリットがあると考えています。

また、貯めたポイントを様々な航空会社のマイルに交換が可能ですので、陸マイラーとしてANAダイナースとの2トップでマイルを稼いでいきたいと思います。

 

ANAダイナースプレミアム

f:id:y8215a:20170818220418p:plain

ようやくANAダイナースを発行できたわけですが、さらに上がありますね。

年会費も大幅アップの155,000円(税別)です。

しかし、家族カードが何枚でも無料発行できますし、1回払いのカード利用分100円につき1ポイントが更に加算されるため、100円で2マイルを獲得できる計算になります。また、ANAの国内空港ラウンジを使用できるなど、サービスがてんこ盛りです。

 

JCB THE CLASS

f:id:y8215a:20170818220603j:plain

年会費50,000円(税別)

まず、見た目がかっこいいです。いかにもすごそうなカードという感じが、私をワクワクさせます。年に1度「メンバーズセレクション 」というカタログギフトのようなものが送られてくるようで、選べる商品がグルメやホテル、ディズニー関連のものなど、幅広く用意されています。

私はディズニーリゾートが好きなものですから、パークチケットをもらおうかななんて今から考えています(笑)

メンバーズセレクションを金額で換算しますと、おおよそ年会費の半分相当となるようです。

基本的にインビテーション制ですが、JCBへ電話連絡し、このカードの申込書を送付してもらって申込む「突撃」と呼ばれる発行方法も存在しています。20代での発行はほんの一握りの方しかできませんので、もう少し様子を見ることとします。

まとめ

ご覧頂いたように、これまで10枚を超えるクレジットカードカードを保有してきました。

現在保有しているのは

・JCB GOLD THE PREMIR

・ANAダイナース

・三井住友VISA プライムゴールド

この3枚に落ち着いています。

ANAダイナースのマイル獲得キャンペーンに目処が立ったところでSPGアメックスの申込をしようと思います。

近々住宅ローンを組むので、当面はハピタスやモッピーからクレジットカード案件でポイントを稼ぐことは控えるつもりです。

 

deokure.hateblo.jp

 

クレジットカードの申込は短期間に何件もやってしまう(多重申込)と審査に通りにくくなってしまいますし、1度審査に落ちた場合、半年間は申込を控えた方が良いと言われています。

これはCICという個人の信用情報機関が6ヶ月間その情報を保有する為です。

以前の私はそんな知識もなく思いつきで申込をしていた面がありますので、みなさんはぜひお気をつけください。

備忘録的な内容になってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました!